HARU

とむらい。

神奈川県横浜にある女性用風俗「エムズコレクション」セラピストHARUの日記37日目です。

おはようございます!haruです。
水曜日ですね。

 

朝から衝撃的なニュース。
思わず「え!」っと声を出す。

 

自ら命を絶つということは
本人にしかわからない苦しさが
あるのだろうと思う。
表面上ではいくらでも
取り繕うことはできる。
周りに気を遣える優しい人ならば
特に・・・。

 

コロナの死者数は2年間の累積約3万人
自殺者数は去年1年間で約2万人

 

著名な方々は報道されて
注目されるけど
世の中には
苦しんでいる人がたくさんいる。

誰しも本来は
生きるエネルギーに満ちている。
そのエネルギーの矛先が
変わってしまうこともある。

本人が望まなくても
そうなってしまうこともある。

周りが「なぜ!?」と思うのも当然。
死を選ぶってなかなかできることじゃない。
そこに踏み出すほどの苦しみは

 

・・・

 

 

自分にできることは
自分にできることをやっていくしかなくて

感じた悲しみや寂しさ
といった感情を
目の前の人たちを大切にしていくエネルギーに
日々精一杯生きていくというエネルギーに
変えていくしかないんじゃないかと
思うのです。

 

というのは離れた立場の人間だから
言えることでもあるんですけどね。
いつも一緒にいた人が
突然いなくなるというのは
本当に本当に本当に辛いことです。

 

冷たく見えるかもしれませんが
僕は自分にできることをやっていきます。
それが自分なりの弔いです。

 

今日も1日。

 

神奈川県横浜にある女性用風俗「エムズコレクション」セラピストHARUの日記37日目です。

陽-HARU-